水着姿の人

シミの対処法

スキンケア

シミを予防の仕方

シミは医学用語で老人性色素斑といわれ、メラニン色素が過剰に沈着する皮膚の老化現象の一つです。遺伝的にシミができやすいヒトがいて、妊娠中のホルモンバランスの変化によって増えることがあります。シミは日光に長時間あたって増加するため、顔・手および肩に多く見られます。これを防ぐには外出時には、日焼けから守る服装をし、紫外線を吸収したり散乱させる日焼け止めクリームや保湿剤を顔や手に塗ります。シミを防ぐ化粧品には、メラニンをつくる酵素であるチロシナーゼの産生や働きを抑える成分が含まれています。その中で医薬部外品として認められているのは、ハイドロキノンやアルブチン、コウジ酸やエラグ酸、さらにルシノールやリノール酸、カモミールなどとなっています。その他にも様々な成分が認められてはいます。ハイドロキノンはアレルギー反応を起こしたり、長期間使用すると発がん性がある可能性が示されているため、短期間に限って使用されます。アルブチンはハイドロキノンにグルコースが結合した物質で、ハイドロキノンよりも副作用が少ないという報告があります。コウジ酸は老化を防ぐ抗酸化作用も持っていますが、不安定なためコウジ酸パルミテートなどの誘導体が使われます。カモミールやアデノシン1リン酸にはメラニンの蓄積を防ぐ機能が、トラネキサム酸には皮膚の荒れを防ぐ作用そして4MSKには皮膚の角質を軟化させる働きもあります。レチノイドにもメラニンの排出を高める作用があります。こういった成分は、美容整形外科などでも使用されることがあります。オリジナル化粧品として販売しているところも多く、ドクターズコスメと呼ばれることが多いです。それぐらい肌に対して効果的ということが言えるのでしょう。

シミを薄くする方法

シミを薄くする治療に用いられる美白化粧品には、黒くなった皮膚の表面を剥離させる製品があります。この中に含まれるグリコール酸などのαヒドロキシ酸はメラニンの産生や分解には関与しませんが、新しい皮膚の再生を促し表皮細胞の成長を高めてより多くのメラニンを皮膚の外に出します。すでにできているシミを薄くする治療には、厚生労働省で許可している美白成分ビタミンCと胎盤から抽出されるプラセンタエキスが用いられます。これらの成分はメラニンの産生を抑えるだけでなく分解も速めてシミを薄くします。ビタミンCは酸化防止剤としても働き、抗酸化物質グルタチオンを増やし皮膚の老化の原因となる酸化物質やメラニンを含む角質を除きます。美白化粧品にはビタミンCの安定性を高めたパルミチン酸アスコルビルやリン酸アスコルビルマグネシウムなどの誘導体が使われます。治療に使われるプラセンタエキスには、皮膚の線維芽細胞や上皮細胞の増殖を促す増殖因子が含まれています。これらの細胞は老化によって減るコラーゲン・エラスチンやヒアルロン酸などのタンパク質や糖を産生して皮膚を若返らせます。皮膚科や形成外科の専門医によって実施される表皮を剥離しないレーザーや超短パルス光を用いる治療法あるいは凍結療法は、周囲の皮膚に影響を与えずメラニン色素が沈着する病変を除くことができます。こういった様々な方法を肌悩みに応じて行なっていくことで、美白に近づくことが出来るようになっています。美容整形外科でレーザーなどの治療と平行して、ドクターズコスメも使用していくようにしましょう。

医療機関を利用してみよう

治療

美白治療を美容整形などのクリニックで行うことは、料金が非常に高くかかりますが、効果も期待することができます。現在の方法でも十分効果があり、安全です。しかし、今後はリスクがさらに少なく、ダウンタイムもあまりない治療方法が開発されていくでしょう。

Read More...

老けて見える原因を撃退

ボディ

セルフケアやエステでのケアではできないシミやくすみ、肝斑を消す美白治療は医療機関だからこそ受けられるものです。シミと肝斑では治療方法が違うのでまずは病院を受診して種類を調べてもらい適切な方法を選ぶようにしましょう。

Read More...

透明感のあるお肌へ

スマイル

医療機関で美白治療を受ける方法は、自分ではケアすることが出来ない部分まで事細かにシミを診察し、治療をしてもらうことが出来るため人気があります。注意点は、効果が高いほど料金も高くなる傾向があるということです。

Read More...